映画「昆虫探偵ヨシダヨシミ」

昆虫がメインの映画まとめ

昆虫探偵ヨシダヨシミは、虫からの訴えで浮気調査に乗り出すこともありました。
虫なのに浮気って…と笑ってしまいませんでしたか?

おっとり天然探偵のヨシダヨシミを見たあと、「あれ、意外と虫って面白い」と思ったかたにおすすめの昆虫映画をご紹介。
虫が活躍する映画って意外とあります。中には昆虫ではない虫もいますが、ご愛嬌です。

(誰かを誘ってみるときは、その人が虫に嫌悪感がないかどうかだけは、真っ先に確認してくださいね!)


虫好きにおすすめ!昆虫大活躍映画


『アリのままでいたい』

特殊小型カメラ「アリの目カメラ」を使い、昆虫たちの世界に迫ったドキュメンタリー。
カブトムシvsクワガタのバトルや、カマキリのカマキリの狩りなど、昆虫たちの生き様を彼らと同じ目線で観ることができます。
他にも、日本に生息する昆虫たちが50種類以上登場!圧巻の映像体験です。



『劇場版 虫皇帝』

種類の違う虫同士を戦わせどちらが強いのか競う、虫界の格闘エンターテインメントシリーズ。
今作では、クワガタやカブトムシなどが属する"昆虫軍"と、タランチュラやサソリが属する"毒虫軍"との、熾烈な戦いが繰り広げられます。
昆虫バトル企画のパイオニアであり今作の監督も務める、推理作家・新堂冬樹による解説も見どころです。



『フェイズIV/戦慄!昆虫パニック』

知能を持ったアリたちvs人間たちとの戦いを描いた、アメリカのSFサスペンス。
天体現象の影響により、高い知能を持った新種のアリが出現。次第に人間界を侵略していきます。
グラフィックデザイナーのソウル・バスが作った唯一の長編映画で、日本では劇場公開されなかった幻の名作です。



『BUG バグ』

『エクソシスト』や『フレンチ・コネクション』で有名なウィリアム・フリードキンが、舞台作品を元に映画化した心理スリラー。
元夫の暴力から逃げるためにモーテル暮らしをしている主人公が、虫に寄生された男と共に狂気の運命を辿ります。
この作品は、 第59回カンヌ国際映画祭で 国際映画批評家連盟賞に輝きました。



『バグズ・ライフ』

『トイ・ストーリー』のスタッフによる、ディズニー・ピクサーの第2作目の映画。
トラブルメーカーの蟻・フリックと、解散宣言された昆虫サーカス団員たちが織りなす、冒険と友情の物語です。
ディズニー・ピクサーならではの豊かな表現で、昆虫たちの世界が生き生きと色彩豊かに描かれています。



『ミニスキュル 森の小さな仲間たち』

NHKのEテレでも放送されていた、フランスの短編アニメシリーズの劇場版です。
南フランスの国立公園の森の中で、人間が落とした角砂糖をめぐり、クロアリとアカアリの争いが勃発。その争いに、テントウムシが巻き込まれてしまい…。
表情豊かでチャーミングな虫たちに、思わず頬が緩む作品です。



『巨蟲列島』

ウェブコミックサイト「マンガクロス」で高い人気を獲得しているコミック「巨蟲列島」の、劇場版アニメ
巨大昆虫たちが支配する無人島で、高校生たちが生き残るために奮闘する、サバイバルスリラーです。
『まおゆう魔王勇者』の高橋丈夫監督と、『ひなこのーと』のパッショーネがタッグを組んだ話題作です。




Copyright (C) 映画「昆虫探偵ヨシダヨシミ」 All Rights Reserved.